プロポリスで健康を維持する【ハチのサポート救援隊】

日光とスキンシップ

役割と症状

男性

セロトニンは、私たちの体にとってとても重要なものです。セロトニンは、トリプトファンという物質からできている脳内物質で、主に私たちの睡眠と精神の安定に大きく関わっています。セロトニンが不足すると、夜よく眠れない、免疫力が低下する、やる気が起きないなど様々な症状が出てきます。また、セロトニンには、強いストレスを受けたときなどに、不安や怒りを抑える作用があります。ですので、この物質が不足すると、いらいらする、欲求が抑えられないなどの症状も出てきます。そして、セロトニンを脳内で生成する能力は、女性よりも男性のほうが50%ほど高いことが分かっています。つまり、男性よりも女性のほうがセロトニンが不足しやすいのです。

増やすためには

セロトニンを増やす方法は、たくさんあります。まず、この物質は日光と密接に関わっており、日の光など強い光を浴びることで、分泌量が増えます。朝起きたら、まずカーテンを開け、太陽の光をたくさん浴びることで、体内のセロトニンの分泌を促進させることができます。また、トリプトファンを多く含む食べ物を意識的に取ることで、セロトニンの分泌が増えます。トリプトファンを多く含む食べ物は、バナナ、豆乳、ヨーグルト、プロセスチーズなどです。セロトニンは、体内で作ることができないので、体外から食事などで摂取する必要があるのです。そして、家族や恋人などと仲良くおしゃべりしたり、スキンシップをとることで、分泌量が増えることも分かっています。マッサージをしたり、髪の毛を触ったり、撫でたりするスキンシップは、ストレス耐性を向上させることにもつながります。